はせ動物病院

尿路結石

結石にはいくつか種類があり、犬や猫ではストラバイト(リン酸マグネシウムアンモニウム)やシュウ酸カルシウムなどが多いとされています。
結石の作られる原因は様々で細菌感染や尿中のpH、塩類の吸収力低下などが挙げられますが、尿中の塩類濃度が高くなると結晶化し結石が作られます。
結晶や結石、感染によって炎症が起きると、血尿や膿が出る膿尿、少量ずつ何度もトイレに行くような頻尿、排尿姿勢をするがポタポタとしか出せない、または尿が出せないなどの症状を示します。
X線検査や超音波検査、尿検査によって診断され、治療中は水飲み場を増やす、フードの変更などによって水分をしっかりとることが大切です。特にストラバイト結石では抗生物質の内服や食事療法などの内科療法が有効となります。しかし尿管や尿道に結石や炎症産物が詰まってしまうと、尿が出せなくなり手術が必要となる場合があります。当院ではそのような場合CT検査にて病態を詳細に把握し状況に応じた手術を行っています。

[膀胱切開術]

[尿管切開術]