はせ動物病院

整形外科

前十字靭帯断裂

前十字靭帯断裂は、犬の運動器疾患の中でも多く遭遇する疾患で、両側性にも発生します。
前十字靭帯は膝関節の安定化を担う靭帯で、人では外傷性断裂が一般的ですが、犬では多くが靭帯の変性に伴い発生し、二次性の変形性関節症や半月板損傷を招きます。
大型犬では好発する傾向がありますが、小型犬においても膝蓋骨内方脱臼に続発して前十字靭帯断裂を生じる傾向があります。
触診、X線検査により診断をし、治療方法としては鎮痛剤を主体として内科療法や、関節外法、または、機能的安定化術による外科療法があります。
近年では、関節外法と比較し、機能的安定化術の方が優れた機能回復を示すとの報告から、当院では、機能的安定化術であるTPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)を施術しています。
より強固な骨の安定化を目的とし、Fixinロッキングプレート(Trauma vet社)やLCPロッキングプレート(Synthes社)を症例に応じ使用しています。

ヨークシャーテリア (体重3.7 kg)
膝蓋骨内方脱臼を併発 Fixin φ1.7mmを使用
      (術前)              (術後)

柴犬 (体重 11.4 kg)  Synthes φ2.7mmを使用
      (術前)              (術後)

2症例とも前十字靭帯完全断裂により、脛骨の前方変位が認められていましたが術後には改善し、膝関節が安定化されています。現在では跛行や疼痛は認められず、走ることも可能となりました。

膝蓋骨内方脱臼

膝蓋骨は膝関節の屈伸運動に関与している種子骨で、膝のお皿とも表現されます。
膝蓋骨内方脱臼は小型犬種での発生が多く、骨格形成期に診断されることが多い膝関節疾患ですが、脱臼に関する根本的な機序はまだ明らかにされていません。重症例では後肢骨格の正常な発育を障害する可能性があるため経過には注意が必要です。
当院では、触診や骨格変形の程度に応じた1~4段階のグレード分類や臨床症状に応じ、治療方針を決定しています。

チワワ (2.7 kg)
膝蓋骨内方脱臼 グレード3 慢性的な跛行が認められたため手術を実施しました。

      (術前)              (術後)
      (術前)              (術後)

手術方法には、滑車ブロック形造溝術、脛骨粗面転位術、膝関節周囲の筋肉・支帯の開放と再建実施を適応しました。術後、再脱臼は認められず経過は良好です。

レッグ・カルベ・ペルテス病

レッグ・カルベ・ペルテス病は、小型犬の骨格形成期に発病が多く、大腿骨頭・骨頸部に無菌性の壊死、変形が起きることで疼痛を生じます。骨の変形に伴い、関節の不整合かつ不安定性から変形性関節症を起こします。診断は、触診、X線検査や必要に応じてCT検査を行い診断します。
治療は、運動管理や鎮痛剤などの内科療法を実施しても疼痛管理が難しく筋萎縮が生じる場合が多いため、大腿骨頭骨頸切除術を施術しています。また、術後のより良い機能回復を期待し、必要に応じリハビリテーションを実施しています。

チワワ 8ヵ月齢 (1.7kg)

       (術前)             (術後)
壊死に伴い大腿骨頭部に亀裂が生じ、骨頚部にも骨吸収像が認められたためレッグ・カルベ・ペルテス病と診断し、大腿骨頭骨頸切除術を実施しました。術後、関節周囲の軟部組織により偽関節が形成され、日常生活に支障はなく走ったりジャンプすることも可能になりました。

橈尺骨骨折

犬の前腕において橈骨と尺骨は前足の肘から手首までを構成している骨です。
この部位での骨折は最も遭遇する機会の多い骨折です。
原因としては、抱っこしていた際に転落してしまう事故やソファやベッドから飛び降りた際にも発生することが多く、元気で活発な若齢犬での受傷が目立ちます。

骨折を放置すると癒合不全が起こり体重を乗せて立つことが難しくなるので早期の整復と固定が必要となります。
骨折部位がズレて変位してしまっている症例では手術での整復とインプラントによる固定が必要となります。
また骨膜という骨の表面の小さな血流を阻害してしまうと手術後の癒合不全など合併症が発生するため治療法の選択も重要となります。
ことにトイ犬種での橈尺骨骨折は細く小さな骨での骨折であることや手根関節(手首の関節)に近いところで骨折が発生しやすいため骨折の整復には苦労することが多いです。

骨折部位の固定方法として手術によるものが内固定、創外固定といった方法があります。ギプスのみでの固定は骨折が橈骨、尺骨のどちらかのみの場合に実施します。

プレートやその固定方法も日々進化しており、当院では主にLCPロッキングコンプレッションプレート(Synthes社)を用いた整復術を行うことが多いです。このインプラントは骨折部位に設置する際にプレートとスクリューが一体化することで強固で安全な固定力を得ることができる優れものです。また大型な症例から小さな症例のそれぞれの骨の太さや部位に合わせてインプラントも多くの種類が用意されています。
当院では小さな犬種にも対応できるように最近開発されたインプラントも用意しています。 この症例はトイプードルで14ヶ月齢の時に1m程度の高さからの落下事故により骨折をした症例です。手術により骨折部位の整復とインプラントの設置を行いました。手術のあと数日は手術部位の腫れの予防のために圧迫包帯法を用いましたが、その後は包帯を解除して自宅での療養となり、治癒過程を定期的にレントゲン検査や歩き方のチェックを行いました。現在は完治し、快活な生活を送っています。