はせ動物病院

症例報告

猫の尿管結石 (2018年02月02日)

近年、多くみられる猫の疾患の一つとして結石(主にシュウ酸カルシウム結石)による尿管閉塞が挙げられます。尿管結石が両方の尿管に詰まってしまった場合には尿毒症となり、放置すると死亡してしまうとても怖い疾患です。 診断 大きな […]

消化管間質腫瘍の摘出 (2017年12月12日)

症例:ビーグル、13歳、雄、食欲の低下と下痢を主訴に来院。 腹部超音波検査:小腸を由来とする腫瘤性病変を認めました。 CT造影検査:十二指腸上行部から空腸への移行部において腫瘤性病変を認めました。また、その他の臓器におけ […]

尿路結石 (2017年12月12日)

結石にはいくつか種類があり、犬や猫ではストラバイト(リン酸マグネシウムアンモニウム)やシュウ酸カルシウムなどが多いとされています。 結石の作られる原因は様々で細菌感染や尿中のpH、塩類の吸収力低下などが挙げられますが、尿 […]

橈尺骨骨折 (2017年12月12日)

犬の前腕において橈骨と尺骨は前足の肘から手首までを構成している骨です。 この部位での骨折は最も遭遇する機会の多い骨折です。 原因としては、抱っこしていた際に転落してしまう事故やソファやベッドから飛び降りた際にも発生するこ […]

レッグ・カルベ・ペルテス病 (2017年12月12日)

レッグ・カルベ・ペルテス病は、小型犬の骨格形成期に発病が多く、大腿骨頭・骨頸部に無菌性の壊死、変形が起きることで疼痛を生じます。骨の変形に伴い、関節の不整合かつ不安定性から変形性関節症を起こします。診断は、触診、X線検査 […]

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >